親が住んでいた古屋は、3時代経っても売れません。

ダディーは旦那ばかりの3やつ姉妹なのですが兄が賭け事が好きなやつで競輪や競馬にひずみ、1億円間近い貸付を作って夜逃げを通してしまいました。義理のお父さんはかなりの地面といった大きなうちを持っていたのですがトータル売却し、貸付の返金に覚えました。それで住むところがなくなってしまった父母のためにダディーといった弟でちっちゃな平屋の古家を買い、父母に住んで味わうことにしたんです。
敷地は30坪に築25時世以上のちっちゃな古家がついていて、総計はちっとも地面料金だけの600万円そばでした。家屋では既に住宅を持っていたので大阪在住で独身の弟が次世代住むかもしれないので弟の名義でうちを購入し、ダディーは200万円を出しました。
それから6時世ほどして義理のお父さんも婦人もあいついで亡くなってしまいダディーという弟で買った古家だけが残されてしまったのですが、弟はとっくにいらないので売却すると言って地元の不動産屋に買って得るやつをさがしてもらっています。ただし目下3時世周辺たつのですが、ちっとも買い手はあらわれません。足はさほど良いのですがだんだん人口が減っている田園で、しかも老人があいついで亡くなったうちなので、どうにも買い手がつかないようです。
ダディーはうちが売れたら200万円を弟からもらって老後の現金の増やしに決めるなんて言っていますが、あのさびれた古家が売り払えるとも思えず、じつは姉妹で頭を抱えているようです。それでもダディーという弟に買ってもらったちっちゃな家で暮らしていた父母は、至って喜びげで幸せそうでした。売れないうちに困ってはいますが、父母は体調が弱って入院するようになってからもいつもあの家に帰りたいと言っていたので、素晴らしい親孝行ができてよかったのではないかと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ