カーテン装着工事についてのある出来事

戸建て家屋を購入してから約10時代が順序しようとしてある。家屋購入時にサンゲツで各部屋のカーテンをオーダーして作りました。サンゲツと言えばカーテンの一流商標でもあり、わりとお値段も多めのものが多いのです。家屋購入時にサンゲツでカーテンをオーダーするように指定されていたこともあって作ったのですが、3床建ての全室で価格20万円ほどかかったのです。
本当に住むようになってから約2時代後に、本当はリビングのカーテンレールが落下するアクシデントがありました。特に触発をかけたわけでも無く、カーテンレールの片方がウォールが捲れる形で落下したのです。アッという間に当時もらっていた名刺にあったサンゲツのフォローアップに連絡をして、無料で改修をしてもらうことにしました。そこで驚いたのですが、来てくれた担当のほうが当初の工事の様式が実に最悪だったという仰ったのです。こちらには甚だびっくりしましたが、ウォールに助っ人が必要だったのに助っ人を設置していなかったことが背景による落下だったのです。たまたま損傷などがなくて済んだので良かったのですが、到底カーテンレールの付け方に欠落があるは思わなかったので、カーテン、他には冷房などの工事には正しく立ち会う必要があるなと考えさせられる体験となりました。家屋の会得や賃貸の加盟の過程はもちろんですが、内部や室外に関する全ての工事についても経路を確認しておくことが大切だと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ