隣席の持ち家との限度

2012年末~2013年始にわたって、
東京某所に建築制限付きの大地を購入し、
2013階級の夏季頃に戸建てを建てました。
周りのネイティブのヒューマンはとても良い人ばっかりなのですが、
隣人のヒューマンの住居は、今から何十階級も傍、
建築取り付けが改編なるとっくに建てられたグッズらしく、
限界代わりに壁紙があるのですが、その壁紙の上まで住居が
乗っかっているというかくっついている状態です。
ふれこみでは分かりづらいというのですが、
壁紙は私の購入した大地のなかばをまたぐような形で作られてあり、
私としては、せっかく新築をしたので、その壁紙もnewらしくしたいのですが、
前述の事由からやりなおす事ができず、後から塗装してぜひだます面にしました。
隣人の住居が乗っているのは壁紙の途中からなので、
手前のゾーンを壊す分け前には平気ハズなのですが、
隣人の三男(同居はしていない)がしゃしゃり出て来て、
強弱的に問題があるから切らないでほしいと言い生み出し、
車庫入れするにも一苦労な状態です。
上何階級、近所が持つのか分かりませんが、
もしも立て替えるとなったとき、復讐として
こちらも壁紙の撤収はしないでほしいと言ってやりたいほどだ。
せっかくの新築モードが台無しになった直感がしましたが、
アパート自体はやっぱり今の建築取り付けはしっかりしてあり、
風通しや空調などもイージーそのものです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ